プレミアム矯正後、どのくらいシャンプーや髪を縛るのを我慢したらいいですか?

プレミアム矯正なら、かけた当日からシャンプーも髪を縛ったりもOKです。

縮毛矯正した時って、たいていシャンプーやヘアゴムは3日間我慢してください…って言われる方がほとんどですよね。これしちゃうと矯正が弱まったりヘアゴムの痕が残ると言われてます。この理由がなぜだかまでは、なかなか聞く機会が無いと思いますので触れさせてもらいますね。

縮毛矯正の基本施術は、①矯正剤で髪をゆるめる②アイロンの熱でストレートにクセ付する。③酸化剤で②の形に固定する…という流れで、その前後や合間にトリートメントを挟んだりするのが一般的だと思います。さろんど・さかえでも強いクセ毛の方には使用していますが、通常の縮毛矯正はPH9以上の強アルカリ剤がベースのお薬なのです。この薬剤で髪の毛をゆるめてアイロンで伸ばし酸化剤で固定するのですが、酸化剤で髪の毛を元のPH(4.5~5.5…これを髪の毛の等電点と言います)に戻さなければならないところ、薬剤のパワー不足や髪の毛自体のダメージ具合からも、矯正剤の残留からアルカリ寄りで仕上がってしまうことが多く、空気による酸化を利用して3日~1週間かけて等電点に戻すのが一般的です。また、残留薬剤が残っている場合、髪の毛のダメージが徐々に現れたりクセ毛のリバウンドに繋がることもあります。

それでは、もし等電点に戻らない内にシャンプーやゴムで止めたりすると…シャワーの場合、水道水はPH7~7.2で安定していますので矯正が緩む場合がありますし、ヘアゴムで縛ってしまえば、そのまま空気酸化を起こしてクセがついてしまうことがあります。対し、プレミアム矯正は髪の毛のPHに近い粧剤を使用してじっくりストレートヘアを作るコースですし、わずかな残留薬剤を綺麗に分解してお仕上げいたしますので、かけた当日からシャンプーでもヘアゴムで縛ったりも構いません。また、さろんど・さかえではアルカリ矯正の場合でも、中和剤や炭酸泉、ヘマチントリートメントと言ったファクターを総動員して残留薬剤を徹底的に分解して等電点に戻していますので、プレミアム矯正と同様にシャンプーもヘアゴムも当日からOKです!

あ、ただ、ノンシリコンシャンプーは絶対に使わないでくださいね!

 

 

2 comments on “プレミアム矯正後、どのくらいシャンプーや髪を縛るのを我慢したらいいですか?”

  1. Pingback: 縮毛矯正とプレミアム矯正の質問箱(最新版) | ツヤ髪とコルギの店|さろんど・さかえ

  2. Pingback: 縮毛矯正した後に注意することがあれば教えてください。 | ツヤ髪とコルギの店|さろんど・さかえ

Comments are closed.
Scroll Up