ドラッグストアで売ってるホームカラーや縮毛矯正を上手にできるコツを教えてください。

ホームセンターで売ってるホームカラーはマニュアルの放置時間より5分短めで、ホームパーマやストレート、縮毛矯正は絶対に自分でしちゃダメです!

本当のこと言うとどちらもあまりお勧めじゃないですが、ホームカラーは忙しい時、どうしても頼りたくなってしまいますね。どうしてもの場合は、説明書に書いてある放置タイムより5分早く洗い流してください。また、シャンプーはノンシリコンシャンプーは絶対ダメ。ノンシリコンを使うくらいなら、シリコン入りの弱酸性シャンプーを使用して2度洗いしてください。また、もしもお時間に余裕があれば、ヘマチン入りの弱酸性シャンプーが普段使いにもオススメです。トリートメントは長めにおいて、シャワーで流す前に炭酸水で揉みこんでください。

まず、ホームカラーと言うのは、美容院で使うカラー剤よりも発色しやすく設計されているため、平たく言うと強いお薬…つまり、髪の毛を傷めやすいんです。だから発色さえしてくれていれば5分短めでOKですし、場合によっては10分少なくてもいいくらい。髪をダメージさせると後が大変なので注意してください。また、シャンプーはシリコン入り、もしくはヘマチン入りの弱酸性のものを使いましょう。これは、アルカリ性のカラーを中和させ発色を安定させる目的です。ヘマチンというのは馴染みの薄い酵素かもしれませんが、薬剤除去と分解をする作用と抗酸化作用を併せ持ち、頭皮の環境を整える意味でもオススメです。炭酸水も似たような目的ですが、残留しやすいアルカリと過酸化水素を分解する他にも毛穴の老廃物を除去する役割がありますので、ホームカラーをされてない場合でもトリートメント時に試してみてください。

ホームパーマやストレート、縮毛矯正自宅キット等も、webで探せばいくらでも見つけられますが、美容院で矯正してダメージされた方ならなおさらのこと手を出さない方が無難なの、ご理解いただけますよね。縮毛矯正は、プロの美容師でも難しい技術ですし、薬が相当強いですから絶対にやめておきましょう。

カラーも矯正もパーマも一番難しいのは中和して髪の毛を等電点(PH4.5~5.5)に戻し、キューティクルを締めることです。これが完全でないとダメージに繋がりますし、美容師としても資質が問われる部分かもしれません。

1 comment on “ドラッグストアで売ってるホームカラーや縮毛矯正を上手にできるコツを教えてください。”

  1. Pingback: 縮毛矯正とプレミアム矯正の質問箱(最新版) | ツヤ髪とコルギの店|さろんど・さかえ

Comments are closed.
Scroll Up