縮毛矯正した後に注意することがあれば教えてください。

縮毛矯正をした後の注意点は、いくつかあります。ちょっとだけ注意してみてください!

一番注意してほしいのは、温泉とプールです。温泉で言えば炭酸泉をはじめとする酸性の温泉以外…アルカリの温泉は髪の毛のクセをリバウンドさせてしまったり、パーマのウェーブがだれてしまう恐れがありますので、多少濡れてしまう位なら大丈夫ですが、長時間、湯船に入れないように注意してください。また、プールは雑菌の繁殖を抑えるために塩素剤等を使用しているため、温泉同様にアルカリが高すぎてしまいます。pHは5.8~8.6の範囲に水質を作るという厚生省からの定めからも、雑菌の繁殖を抑えるため一般の施設でのアルカリ度数は高めであると想像できます。温泉の湯船に髪の毛を浸したりプールで泳いだ後も髪の毛がアルカリに傾いているので、キューティクルが開いたままでダメージを起こしやすい状態です。この髪の状態を改善するための方法をご紹介しますね。

⇒シャンプーの後にトリートメントを揉みこんでしばらく置いてから、100円均一で売っている炭酸水かご家庭にある『酢』を水道水で3%(1リットルに水道水に対して酢を30cc)ほどに希釈した水溶液でトリートメントを流してください。そのあと、もう1度シャワーで綺麗に流してあげると、綺麗にキューティクルが閉じてツヤも出てきますし、縮毛矯正のリバウンドも起きづらくなってきますよ!

シャンプーとヘアゴムは、OKですよ! って言っても、プレミアム矯正やさろんど・さかえの全メニューは当日からOKなんですが、他店で施術された場合には担当の美容師さんのご意見を参考にしてください。理由はコチラ

ドライヤーは、かけなくても充分おさまりますし、スタイリングできちゃうはずです。理由はコチラ むしろ、無駄な熱風は髪の毛を乾燥させすぎてしまい、ダメージに繋がることもありますので、8~9割まで自然乾燥で、あとの2~1割をキューティクル面を整わせるイメージで、根元から毛先にドライヤーの風を流してあげてください。この操作が縮毛矯正を長持ちさせることにも繋がります。

Scroll Up